全身脱毛おすすめランキング!脱毛サロンは「安い」で選ばず比較しよう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Vライン脱毛はいまや常識!安くて満足度の高いおすすめ脱毛サロンをご紹介


Vライン脱毛が気になるけど、「痛そう」とか「恥ずかしい」という不安があってなかなか踏み出せない女性も多いのではないでしょうか。

しかし、Vラインはとても人気の高い部位で、お手入れするのが常識になりつつあるんですよ。

脱毛すれば剃り跡のチクチク感が無くなって肌がキレイになりますし、水着や下着の着こなしに自信が持てるようになります♪

そこで今回は、Vライン脱毛の料金や回数、知っておきたい注意点などをご紹介します。
人気サロンの体験キャンペーンもご紹介しますので、ぜひチェックしてください(^o^)

ミュゼ

Vライン脱毛の施術範囲

「Vライン脱毛」は、具体的にどの範囲まで脱毛することができるのでしょうか?

範囲はサロンによって異なるので要確認

「Vライン」とは、一般的に両足の付け根あたりのビキニラインのことを指します。

ただ、具体的な脱毛範囲はサロンによって異なります。

例えば、ミュゼではVライン脱毛の契約者に「Vラインプレート」を渡しており、プレートからはみ出た部分を脱毛の対象としています。

↓ミュゼのVラインプレートサイズ

ミュゼプレート

自分が思っていたより脱毛できる部分が少ない場合もありますので、無料カウンセリング時にスタッフに確認しておくと安心です。

V全体の脱毛は自然な形が人気

image

サロンによってはV全体の毛量を減らす、またはデザイン性のある個性的な形に整えたりすることも可能です。

その場合はVラインだけでなく中心部(脱毛サロンでは「トライアングル」という名前が付けられていることが多い)の契約も必要になります。

海外では毛を全て無くすハイジニーナ脱毛をする女性が多いのですが、日本人女性には小さめの逆三角形、縦長にスッキリ整えるI型、角の無い卵型などが人気です。

自然で清潔感があり、温泉など公共の場にも気兼ねなく行けるデザインがおすすめですよ。

後から「思ってた形と違う・・・」と思っても手遅れなので、スタッフに仕上がりのイメージをしっかり伝えてくださいね。

脱毛サロンの「Vライン」とはビキニラインのことを指す
V全体の脱毛は行っていないサロンもあるので確認が必要
日本人女性には小さめの逆三角形など自然な仕上がりが人気

Vラインの脱毛料金をチェック

続いてはVラインの脱毛料金を確認しましょう。

お試し価格で脱毛できる初回限定キャンペーンと、通常のコース料金をご紹介します。

初回限定キャンペーンはミュゼがおすすめ

はじめてコース18年9月2-3

サロンキャンペーン内容料金
ミュゼワキV通い放題+最大8ヵ所の脱毛体験クイズ正解で0円
ジェイエステティック両ワキ12回+選べる3部位を各1回脱毛(選択肢にVラインあり)277円
エピレ両ワキ・Vラインを各6回脱毛できる648円

※税抜

ミュゼ・ジェイエステティック・エピレでは、Vライン脱毛を体験できるキャンペーンを実施しています。

圧倒的にお得なのはミュゼのキャンペーンです。
クイズに正解すれば0円で両ワキとVラインを好きなだけ脱毛できます。
さらに選べる最大8ヵ所の脱毛体験も付いています。

「本当に0円で大丈夫なの!?」と不安になる人もいると思います(^^;)
しかしご安心ください!追加料金は一切かかりませんし、他のコースを勧誘されることもありませんよ。


※ミュゼの初回キャンペーンについては『ワキ脱毛ならミュゼ一択!回数・期間無制限で0円なのに安心・安全・勧誘無し!』の記事でも詳しくご紹介しています。

通常のコース料金もミュゼが1番安い

ビキニラインだけの脱毛料金
サロン12回脱毛し放題
ミュゼ3,333円
銀座カラー25,192円
ジェイエステティック21,600円/12回
エピレ26,400円/12回
脱毛ラボ30,000円/12回
ディオーネ30,000円/12回

※税抜

先ほどご紹介した回キャンペーンはミュゼが初めての方が対象なので、すでにミュゼで脱毛経験がある方は通常料金で契約することになります。

とはいえ、Vラインの脱毛し放題は通常料金でも3,333円という安さです。
他のサロンは12回で2~3万円はかかってしまいますので、ミュゼの安さは群を抜いていますね!

 

V全体の脱毛料金
サロン部位の組み合わせ12回18回
ミュゼトライアングル上+トライアングル下
※ワキ・Vライン完了コースを無料プレゼント
108,000円
54,000円
162,000円
81,000円
ジェイエステティックトライアングル上+トライアングル下+Vライン64,800円97,200円
エピレトライアングル+ビキニライン上+ビキニラインサイド102,600円148,500円

※税抜

V全体を脱毛する場合も、ミュゼが1番安いです。

ミュゼでは公式アプリをダウンロードするだけでコース料金が50%オフになるキャンペーンを実施中です。

そのため、本来なら10万円以上かかるところを、12回54,000円、18回81,000円で契約できます♪
このキャンペーンはミュゼが初めての方だけでなく、すでに会員の方も対象ですよ。

また、ミュゼでは税込12,000円以上の契約をすると、特典としてワキ・Vラインの脱毛し放題コースが無料でプレゼントされます!

トライアングル上とトライアングル下の2部位を契約するだけで、ワキとVラインまで脱毛できるなんてお得すぎますね( ;∀;)

料金の安さを重視するならミュゼがおすすめ!

ミュゼが初めての方はビキニラインだけなら0円で何度でも脱毛可能です。(初回キャンペーンのクイズに正解した方が対象)

V全体でもアプリダウンロードキャンペーンを利用すれば半額になるので1番安く脱毛できますよ。

ミュゼ

回数は少なくとも12回以上がおすすめ

サロン脱毛の場合、毛周期に合わせて18回ほど施術を受けると自己処理がほとんど不要になると言われています。

回数脱毛効果
6回約50%毛が薄く少なくなっていることを実感できるが、まだ自己処理は必要
12回約80%毛は時々生えてくる程度で、自己処理がかなり楽になる
18回約95%自己処理はほとんど不要になる


Vラインに生えてる毛は濃くてしっかりとした毛質ですし、毛量も多いので少なくとも12回は通うことをおすすめします。

ただし、脱毛効果には個人差があります。
12回でほぼムダ毛が生えなくなったという人もいれば、18回施術してもまだムダ毛が残っているという人もいます。

また、毛質や毛量にも差がありますので、あくまで“一般的な目安”として覚えておいてください。

Vライン脱毛は痛みが強め

Vラインは皮膚が薄いデリケートな部位ですし、毛が濃くて太いため、照射する度に痛みを感じます。

ただ、サロン脱毛は照射パワーが弱いので、口コミを調べると「痛いけど一瞬だから我慢できる」とか「IOラインは激痛だけどVラインだけならそんなに痛くない」という感想が多い印象です。

それでも痛みが心配な方や、敏感肌・アトピーなどもともと肌質に悩みがある方は、ディオーネの『ハイパースキン脱毛』をおすすめします。

脱毛料金は今回比較しているサロンの中では高めですが、ディオーネのハイパースキン脱毛は3歳の子供でも脱毛できるほど肌に優しい脱毛法なので、痛みをほぼ感じません。

ハイパースキン脱毛とは?

ハイパースキン脱毛

従来の脱毛法は成長期の毛(今生えている毛)をターゲットにしており、脱毛機の光が毛根に一点集中するため照射する度にバチっと痛みを感じていました。

一方、ハイパースキン脱毛は休止期の毛(これから生える毛)の発毛因子を減らす脱毛法で、肌全体にじっくりと光を当てて発毛を予防します。

体感温度は約38℃なので肌への負担が少なく、従来の脱毛機のような痛みもほとんど感じません。

さらにフォト美顔の光効果により、脱毛と同時にハリツヤのある美肌へとケアします。


無料カウンセリング時にテスト照射を受けることも可能なので、気になる方は申し込んでみてくださいね(^^)


ディオーネについてもっと詳しく知りたい方は、『ディオーネは無痛で脱毛できるって本当?脱毛方法や効果、体験プランを紹介』をご覧ください。

Vライン脱毛の注意点

続いては、Vライン脱毛をスムーズに進めるために注意して頂きたいことを2つご紹介します。

生理中は脱毛できない

生理中はデリケートゾーンの施術を行えないため、タイミング悪く生理と予約日が重なってしまった場合はキャンセルをしなくてはなりません。

ただ、当日キャンセルOKなサロンは少なく、大抵のサロンでは急なキャンセルを極力減らすためにタイムリミットとペナルティを設けています。

サロンタイムリミットキャンセルのペナルティ
エピレなしなし
ミュゼ前日23時59分途中解約時に当日キャンセル分は返金の対象外となる
銀座カラー前日19時施術1回分消化
ディオーネ前日19時施術1回分消化
脱毛ラボ2日前21時半キャンセル料1,000円請求(予約当日はキャンセル料+施術1回分消化)
ジェイエステティック3日前施術1回分消化


予約キャンセルのタイムリミットとペナルティが無いのはエピレだけです。

また、ミュゼのペナルティは「途中解約した場合に損をする」という内容であり、キャンセル料の請求や回数消化などはありません。

その他のサロンではタイムリミットを過ぎると施術1回分が消化扱いになってしまう場合が多いです。

無駄な出費を避けるためにも、次回予約を入れる際は生理周期をよく確認しましょう。
生理不順で予想が難しい方は、キャンセルのルールが優しいサロンを選ぶことをおすすめします。

脱毛後は保湿ケアをする

pixta_35330501_M

脱毛後の肌は、水分が奪われて乾燥した状態になります。

乾燥して水分を失った肌は、脱毛機から照射された熱を吸収する水分が無いため通常時よりも強い痛みを感じます。
また、乾燥肌は光の伝導率が悪いので十分な脱毛効果を得られません。

そのため、脱毛中は肌の保湿が必要不可欠なのです。

脱毛サロンでも施術後に保湿ケアをしてもらえますが、自宅でもお風呂上りなどに保湿ケアを続けてください。

Vラインの皮膚はデリケートなので、敏感肌用の保湿クリームなど低刺激なものを選ぶと安心です。

【Vライン脱毛の注意点まとめ】

生理中はデリケートゾーンの施術不可なので、予約を入れる際は生理周期をよく確認しよう
乾燥肌は痛みを感じやすい・効果半減などのデメリットがあるため、脱毛中は保湿ケアが必須

Vライン脱毛ならミュゼがおすすめ

今回はVライン脱毛をテーマに、必要な回数や料金、知っておきたい注意点などをご紹介しました。

Vライン脱毛がおすすめのサロンはミュゼです。

今月の初回限定キャンペーンを利用すれば、0円で両ワキとVラインを回数無制限で脱毛できます。(クイズ正解者が対象)
ツルツルになるまでとことん脱毛することができるので、料金も効果も大満足なキャンペーンですね(#^^#)

さらに最大8ヵ所の脱毛体験まで付いているとは驚きです!
こんなにお得なキャンペーンは他にありません!

V全体の形を整えたり毛量を減らしたい方も、公式アプリをダウンロードするだけでコース料金が半額になるので、他のサロンよりも安く脱毛できますよ。

この機会にミュゼでVライン脱毛デビューしてみませんか?

ミュゼ


V全体を脱毛するなら医療脱毛もおすすめです!
痛みは強いですが、その分効果が高いですし、脱毛期間も短縮できますよ。

詳しくは『Vラインを医療脱毛したい!人気の形や回数は?料金や痛み対策まで徹底解説』をご覧ください。