全身脱毛おすすめランキング!脱毛サロンは「安い」で選ばず比較しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケノンの脱毛効果を実際に使って検証!使い方・痛み・口コミまとめ


「ケノン欲しいけど、本当に毛が抜けるか心配」

「69,800円もするのに効果なかったらどうしよう・・・」

「面倒臭がり屋な私でも続けられるかな?」

家庭用脱毛器ケノンが気になっているけれど、なかなか購入に踏み出せないという方が多いのではないでしょうか。

実は私もその一人でした(^o^)/

この記事では、サロン脱毛の経験者である私が、ケノンを購入して実際に使用してみた感想と脱毛効果について詳しくご紹介いたします。

正直な感想を言うと、残念だな~と思う点もありましたがちゃんと効果はありました!
買ってよかったと思っています!

「使用時間を短縮する方法」や「面倒臭がり屋さんでも継続使用するコツ」など、実際に体験したからこそわかったことも書きますので、ケノンの購入を検討している方は参考にしていただければ幸いです♪

脱毛器ケノン

私がケノンを選んだ3つの理由

まずは、私が数ある脱毛機の中からケノンを選んだ理由をお話します。

「早く効果が知りたい」と言う方は読み飛ばしていただいて結構です!

【理由1】圧倒的に人気がある

ケノンは楽天の脱毛器ランキングで5年間連続1位を獲得しています。

良い商品じゃないとこんなにずっと1位を取ることはできません。
この情報を知った時点でケノンは購入候補に入っていました。

ただ、公式サイトがちょっと・・・(^^;)

美容家電なので、女性向けというか、オシャレでスタイリッシュなイメージを抱いていたのですが、予想外な印象でした。(笑)

そのため、「5年連続1位」という情報だけではまだ即決できませんでした。

【理由2】使いやすそう

せっかく69,800円も出して買うからには長期的に使いたいですよね。

ケノンの使用方法やスペックを調べてみたところ・・・

・日本語表記のディスプレイで操作がわかりやすい
照射面積が広いので効率よく脱毛できる
美顔器としても使える
・コールスタッフによる使い方の案内サービスがある
1年保証付きで安心

これなら面倒臭がり屋な私でも続けられそう!と思いました。

【理由3】日本製で安心感がある

ケノン以外にも人気の家庭用脱毛器をいろいろと調べたところ、ランキング上位の商品は意外と外国製品が多かったんです。

商品名生産国
ケノン日本
ツーピーエス韓国
エピレタイスラエル
トリアアメリカ


ケノンは日本国内の工場で製造されています。

なんとなく日本製の方が安心感がありますよね。
日本人の肌に合せて作られた脱毛器の方がトラブルも少なそうです。

以上、3つの理由でケノンを購入することを決意しました!

ケノンが届いた!セット内容を確認!

ケノン付属品 - コピー

待ちに待ったケノンが到着しました。

梱包は無地の段ボールを使用しており、中身が何か分からないよう配慮されていました。

ケノン本体のサイズはW21.5cm×D29cm×H9cmです。
イメージしていたよりも大きく感じましたが、その割には軽いので部屋の中で移動したり持ち運んだりするのは苦ではありません。

基本のセット内容は、ケノン本体・カートリッジ・ゴーグル・電源コード・保冷剤2つ・取扱説明書です。

ケノンについては事前に散々リサーチしたので使い方は知っていましたが、まずは取扱説明書を手に取ってみました。

フルカラーでイラスト入りで、照射日をメモしておける記録表まで付いていましたよ。
これなら機械音痴な人でも使いこなせそうです♪

ケノンは公式サイトで購入するとお得なキャンペーン適用されます。

カートリッジがおまけで1個プレゼントされる、割引クーポンが発行されるなど、キャンペーン内容は購入時期によって異なります。

現在どんなキャンペーンを実施しているのか、そして期限はいつまでなのかは、公式サイトからチェックしてみてください。

脱毛器ケノン

事前の準備

さっそくケノンを使いたいところですが、脱毛前に準備しておかなくてはならないことがあります。

保冷剤の冷凍

ケノンには保冷剤が2つ付いています。
ケーキを購入すると付いているような小さいサイズの保冷剤です。

これは照射による痛みや肌ダメージの負担を軽減するために使用するので、ケノンを使用する1日前には冷凍庫へ入れておきましょう。

ムダ毛のシェービング

1635c27c047c0033c2fdd0a82ac9b50d_m

脱毛前にムダ毛はシェービングしておかなくてはなりません。

これは脱毛サロンに通う場合も同じです。

ただ、脱毛器の光は黒色(メラニン色素)に反応するしくみになっているため、毛をキレイに剃った直後よりも1mmほど伸びた状態の方が効果的です。

2~3日前に処理するならカミソリでもOKですが、直前に処理するなら電動シェーバーのほうがおすすめですよ。

ほくろやシミの保護

45ecf036239d4434204e083899234d4f_m

脱毛器の光はメラニン色素(黒色)に反応するため、ほくろやシミ、傷跡がある部位には照射できません。

でも、私は腕や足に点々とほくろやシミがありますので、うまく避けて照射するのは至難の業です。

脱毛サロンでは肌色のシールを張って保護することがありますが、家にそんな丁度いいシールは無いですよね(^ω^;)
絆創膏を隠したい部分の大きさに合わせてカットして貼るという手もありますが、めちゃくちゃ小さくカットしないと、ほくろやシミの周りだけムダ毛が残ってしまいます。

もっと早くて簡単な方法は無いのか!?といろいろ考えた結果、ひらめきました。

「白いペンで消しちゃおう!」

家にちょうど白色を含む7色セットのポスカがありましたので、白ポスカでほくろやシミを塗りつぶすことに。(笑)

ポスカならペン先が太めなので、“塗る”というより点をうつだけでほくろやシミは隠せます。
シールだとほくろの周りの毛穴も隠してしまいますが、ペンなら大きさを微調整できるので、隠したい部分以外の毛穴が隠れることもありません。

ちなみに照射後はウエットティッシュで抑えるように拭き取れば簡単に消えますよ。

【事前の準備まとめ】

肌を冷やしながら脱毛するため、保冷剤を事前に冷凍しておく
ムダ毛は処理しておく必要があるが、1㎜ほど伸びた状態が理想
ほくろ・しみ・傷跡などがある部分は光が過剰反応して肌荒れや火傷などのトラブルを引き起こす危険性があるので照射不可
ほくろやシミが多い方は白いペンで隠すのがおすすめ

初期設定は簡単な3ステップ♪

ディスプレイ説明 - コピー

照射の設定は本体の操作パネルで行います。
本体の液晶ディスプレイを見ながらボタン操作できるのでわかりやすいですよ。

使用するボタンはたったの3つ。
アップ・ダウンの選択ボタンと決定ボタンだけで非常にシンプルです。
ボタンは押すというより、優しくタッチするだけで反応します。

1:照射エネルギーのレベル設定

レベル1~10の範囲内で選択します。

サロン脱毛の経験がある私はレベル10で使う気満々でしたが、最初はレベル8で試してみることにしました。
 

2:連射設定

シングルショット(1連射)/トリプルショット(3連射)/セクスタブルショット(6連射)から選択します。

連射数が多いとパワーが分散されるため、私は1番パワーが強いシングルショットで設定しました。

3:ショットモード設定

手動で打つか、自動で打つか選択します。

慣れてきたら自動の方が早いと思いますが、初めてなので手動で様子を見ながらやってみることにしました。


設定内容は電源を切っても記憶されるので、次回から設定不要ですぐに照射を開始することができます。
照射エネルギーのレベルを設定する際に、カートリッジの残りの照射回数を確認することができます。

照射1回目の感想

脱毛の準備が整いました。いよいよ照射を始めます!

サロン脱毛経験者なら痛くない!

男女使える

部位ごとの痛みや効果の違いを知りたかったので、1回目ではありますが張り切ってひじ下・ひざ下・Vラインの3部位に挑戦することにしました。

まずは一発目、レベル8でひじ下に打ってみた感想は、「え?今ちゃんと打てたの?」でした。
それくらい全く痛みを感じなかったので、ひじ下とひざ下はレベル10で使用することに決定。

続いてVラインにもレベル8で打ってみたところ・・・「あれ!?ちょっと痛い(@_@)!」
やはり皮膚がデリケートで毛質も濃いからでしょうか、痛みの感じ方が腕とは違いました。

とはいえ、サロン脱毛の経験者の私にとっては余裕で我慢できる痛みでしたので、こちらもレベル10で使用することにしました。

痛みに免疫が無い方は、無理せずレベル6~8くらいで挑戦してくださいね。

ケノンの痛みが少ない理由

ケノンは0.4ミリ秒(最短の場合)という極めて短い間にエネルギーが最高点に到達します。
そのため、高い脱毛効果を保ったまま肌への負担を軽減することができました。


ケノン美顔器

ちなみに、翌日スキンケアカートリッジも試してみました。

顔に照射するのはちょっと不安だったのでレベル5で挑戦したのですが、全くの無痛です。
フォトフェイシャルを目的に作られたスキンケアカートリッジは、レベル10にしても全く痛みを感じませんでした。

しかも、脱毛カートリッジは照射レベルを上げるほど消費回数が少なくなりますが、スキンケアカートリッジは照射レベルが1でも10でも消費回数が変わりません。
だったらレベル10の方が効果的でお得ですよね!

ということで、スキンケアもレベル10で使うことにしました。

大きい保冷剤を用意しておけば時短できる

『1回目の照射中に気付いたこと・その1』は、付属の保冷剤よりも大きい保冷剤を用意したほうが良いということです。

最初はケノンに付いていた小さい保冷剤を使用していたのですが、冷やす→照射→冷やす→照射・・・と繰り返しているとなかなか作業が進みません(>_<)

だんだん面倒に感じてきた私は、冷凍庫にあったアイス枕(やわらかいジェルタイプ)を使用することにしました!

アイス枕なら一度に冷やせる面積が大きいので、冷やしたあと一気に5回ほど続けて照射することができます。

この方法でかなりの時短に成功しました!

アイス枕は薬局等で500円~1000円くらいで購入できますよ。
私はたまたま家にあったのでラッキーでした♪

ゴーグルは視界が悪くなる

ケノン付属品 - コピー - コピー

『1回目の照射中に気付いたこと・その2』は、ゴーグルをしながらの照射は時間がかかるということです。

照射時は付属のゴーグル(サングラス)をかけて目を光から守ります。

私は打ち漏れ・重ね打ちを防止するため、照射口を肌に強く押し当てるように照射して、毎回うっすらと照射口の跡を付けていました。

しかし、ゴーグルをしていると照射口の跡が見えないんです。
さらに毛穴も見えないためどこまで照射すればいいのかわかりません。

結局、私はゴーグルをかけるのをやめて、照射ボタンを押すタイミングで目をぎゅっとつぶって顔を背けるという方法で使用することにしました。
周りが一瞬明るくなっていることは感じますが、目に刺激や負担を感じることはありません。

「照射跡や毛穴はゴーグルをずらして確認すればいいじゃん」と思いますよね。
でも、1ショットごとにいちいちゴーグルをずらしてチェックするのは結構面倒くさいですよ・・・。

説明書には必ずゴーグルを使用するように書いてあるので、私の方法をおすすめすることはできません。

でも私は初回以降一度も使用していませんし、これからも使わないつもりです(^^;)

操作音をオフにできるのが嬉しい

『1回目の照射中に気付いたこと・その3』は、夜中でも誰にも迷惑をかけずに使えるということです。

操作ボタンを押す時の「ピッ」という電子音は2段階に調整可能で、ミュートにすることもできます。

照射中は「ブオ~ン」と機械が作動している鈍い音が鳴りますが、これもそんなに大きな音ではありません。

隣の部屋で家族が寝ていても問題無く使用できるのは嬉しいですね。

エクストララージカートリッジなら早く終わる

ケノン同梱カートリッジ

脱毛用カートリッジは2サイズ同梱されています。

・プレミアムカートリッジ(3.5cm×2.0cm=7㎠)
・エクストララージカートリッジ(3.7cm×2.5cm=9.25㎠)

私はエクストララージカートリッジを使用したのですが、ひじ下は片方で約20回ひざ下は片方で約35回照射しました。

所要時間は、ひじ下・ひざ下・Vラインの3部位で合計1時間半でした。

初めてだったので時間がかかってしまいましたが、慣れればもう少し時間短縮できると思います。

また、広い面積を照射する場合、あらかじめペンなどでガイドラインを付けて置けばより手早く照射できると思います。

ちなみに、他の家庭用脱毛器はケノンよりも照射面積が小さいため、もっと時間がかかります。

商品照射面積
ケノン9.25㎠
ツーピーエス6.51㎠
エピレタ2.7㎠
トリア1㎠


エピレタやトリアで脱毛したら何時間かかるのでしょうか?
気が遠くなりますね・・・(+_+)

やはりケノンを選んでよかったです!!

【照射1回目の感想まとめ】

照射の痛みはサロン脱毛の経験者ならレベル10でも我慢できる
広い範囲を脱毛する場合は、付属の保冷剤よりも大きいサイズの保冷剤を用意した方が時短になる
付属のゴーグルは視界が悪くなるので使いづらかった
操作音はミュートにできるので深夜でも静かに脱毛できる

肌トラブル防止のため冷却・保湿は必須

82d965f8bfa65fa0fe49fff75ff666d8_m

脱毛後の肌は熱を持っているので、保冷剤などでしっかり冷却してください。

また、照射により肌の水分が失われてとても乾燥しやすくなっているので、ローションやクリームによる保湿も欠かせません。

私の場合、照射中は肌状態に変化はありませんでしたが、終わってからチェックすると毛穴が点々と赤くなっており、軽い炎症を起こしていました。

ただ、アイス枕で肌をじっくり冷やして敏感肌用の化粧水で保湿しておいたところ、翌朝(5~6時間後)には炎症は引いていました。

ちなみに、私は肌荒れしにくい体質で、乾燥肌というわけでもありません。
そんな私でもさすがにレベル10で使用すると炎症を起こしましたので、肌が弱い方はもう少しレベルを下げて使用したほうが良いかもしれません。

使用後の肌状態には個人差がありますし、照射エネルギーのレベルによっても変わってきますので、心配な方は照射テストをして肌状態を確認することをおすすめします。

一週間後、毛が抜けた!

照射から一週間後、ムダ毛を毛抜きで引っ張ってみると・・・

抜けた(≧▽≦)!!

半分くらいの毛が何の抵抗もなくスルッと抜けました。

残り半分はどうなったかというと、後日効果が現れて抜ける毛もあれば、抜けないまま残ってしまった毛もありました。
抜けなかった毛は恐らく照射漏れしたのでしょう。

いくらレベル10で使用したとはいえ「家庭用脱毛器はサロンの脱毛機よりパワーが弱いし、1回じゃ大した効果は出ないだろう」と思っていましたが、ちゃんと1回目から効果を実感することができました!

ただ、スキンケアの効果は実感できず・・・。

スキンケアについては取扱説明書に以下のような説明書きがありました。

「1週間に1回程度を目安にご使用ください。ご満足いただける結果を得る為には、長期的に繰り返しご使用頂く必要があります。」


公式で「即効性はない」と言っているようなものなので、そのうち効果が出ると期待して使い続けようと思います。

1ヶ月間使用した結果

c14f59c576cb3c739820858cf8ec8c2d_m

初回使用から1ヶ月が経過しました。

説明書に書いてある通り、脱毛は2週間に一度のペースで、スキンケアは1週間に一度のペースで使用しました。

照射エネルギーレベルはすべてレベル10で使い続けました。

ひじ下とひざ下は期待以上の効果を実感

ひじ下とひざ下は合計3回分脱毛しましたが、明らかに毛量が減っています。

また、毛が抜けた部分は毛穴が引き締まって肌がすべすべしています。

しばらくしたらまた元通りになるとは思いますが、継続して使用すれば全体的にムダ毛が目立たなくなるはずです。

わずか1ヶ月で期待以上の効果を実感することができました!

Vラインはまずまずの効果

Vラインも合計3回分脱毛しました。
脱毛効果は実感できましたが、確実に照射した部分でも抜けずにしぶとく残る毛が数本ありました。

デリケートゾーンの毛は腕や脚の毛よりも毛質がしっかりしているので、根気強く続ける必要があります。

スキンケアは特に変化なし

スキンケアは5回分照射しましたが、残念ながら特に効果を実感することができませんでした。

口コミでは「毛穴が引き締まった」とか「化粧ノリが良くなった」という感想があったので期待していたのですが、1ヶ月使用した時点ではそのような変化はありません。

先ほどご紹介した通り、取扱説明書には長期的に使用してほしいと書いてありましたので、「いつか変化があればいいな」くらいの淡い期待を込めて引き続き使用したいと思います。

ケノンを1ヶ月間使用した時点での満足度は、100点満点中70点です!

1番の目的だったひじ下とひざ下は脱毛効果を実感できたので、その点はかなり満足しています。

ただ、毛質がしっかりしているVIOラインの脱毛やスキンケア効果を期待している人にとっては、1ヶ月ではイマイチ効果を実感できないかもしれません。

脱毛器ケノン

ケノンと脱毛サロンの口コミ・メリット・デメリット比較

ケノンとサロン脱毛の両方を体験した結果、どちらにもメリット・デメリットがあることを実感しました。

ケノン購入前は、口コミを検索しても賛否両論なので「一体何を信じればいいんだ?」と思っていましたが、ケノンを体験してから改めて口コミを調べると「その気持ちわかる!」と共感する意見が多かったです。

良い口コミ・悪い口コミ

基本的には良い口コミが多い

 

悪い口コミは「面倒くさい」が多い

この「面倒臭い」という意見、確かにわかります。

私も面倒臭がり屋な人間です。
特に、家にいる時はダラダラしまくりなので「今日ケノン使うつもりだったけど、やっぱり明日にしよう」と予定を変更することもありました。

恐らく、面倒臭くて使わなくなったという人は脱毛効果を実感する前に辞めてしまった人が多いと思います。

私は幸い1回目から効果を実感できたので、ムダ毛が無くなる喜びが面倒臭さに勝り、使い続けることができました。

あと、ケノンの置き場所も重要です。
目につく場所やすぐに取り出せる場所に置いておくことが面倒臭がり屋さんでも継続使用するコツですよ。

また、口コミでたまに見かける「全然効果がない!」という人は照射エネルギーのレベルが低すぎるのではないかな?と思います。

私が思うケノンと脱毛サロンのメリット・デメリット

アイキャッチ

ケノンのメリット

・家にいながら脱毛できる
・昼夜問わず自由なタイミングで脱毛できる
・カートリッジ式なので家族と共有できる
・スキンケアもできる(私はまだ効果を実感していませんが)
・脱毛サロンよりも費用を抑えることができる

ケノンのデメリット

・背中など手が届かない部位は手伝いが必要
・照射漏れする可能性がある
・正しい使い方をしないと肌トラブルを引き起こす危険性がある

アイキャッチ

脱毛サロンのメリット

・毎日脱毛を行うプロに施術してもらえる安心感がある
・ベッドに横になっているだけでOK
・施術後に保湿ケアや美肌ケアをしてくれる

脱毛サロンのデメリット

・土日や平日の夕方以降などは予約が取りづらい
・サロンによっては予約をキャンセルするとキャンセル料の請求や回数消化などのペナルティがある
・追加契約を繰り返すと結果的に費用が高額になる

ケノンなら時間が空いたタイミングで素早く脱毛できる

家庭用脱毛器の1番のメリットは、昼夜問わず自由なタイミングで脱毛できることです。

私は土日休みなのですが、土日は脱毛サロンの予約がすぐに埋まってしまうので早めにスケジュールを決めて予約を取らなくてはなりません。

しかし、直前になって脱毛より優先したい予定が入ることもありますし、当日に体調がすぐれなくてやむを得ずキャンセルしたこともありますよね。

そうなるとまた予約を取り直す羽目になりますし、サロンによってはキャンセル料を請求されたり、1回分消化というペナルティが課せられることもあります。

このような状況にストレスを感じている人は多いと思います(>_<)

でも、家庭用脱毛器があれば思いついた時にすぐ脱毛できます!
予約の手間も無ければ、脱毛のためだけに出かける必要もありません。

特にケノンの場合、充電の必要が無いので電源を入れてすぐに使い始めることができますし、ミュート機能があるので家族が寝静まった深夜でも気にせず脱毛できます。

b740c7392167b756df621dd5bf048323_m

ケノンは仕事で忙しい女性だけでなく、育児中のお母さんにもおすすめですよ。

私の友達は3歳の子供がいるのですが、昼間は仕事→夕方は保育園のお迎え→夜は子供の世話とご飯の支度・・・とかなり多忙で、とても脱毛サロンに通う余裕はありません。

そこで、ケノンの購入を決意!
今は子供が寝た後にひっそりと脱毛しているそうですよ。

ケノンのエクストラカートリッジは照射面積が広いので、短時間でサクッと終わらせることができます♪

ケノンはこんな人におすすめ

腕・足・ワキなど手が届く範囲内で脱毛したい部位がある人
脱毛経験があるが、ムダ毛が復活してしまった人
家族と一緒に使用する予定の人
家の近くに脱毛サロンが無い人
仕事や育児などで忙しくて脱毛サロンに行く時間が無い人

私もたくさん悩みましたが、ケノンを買って正解でした。

面倒くさがり屋の私でも続けられた1番の理由は、一回目から効果があったからです。

脱毛サロンに通っていた頃、ムダ毛が簡単に抜けるようになるのが楽しみだったのですが、その気持ちを思い出しました!

ケノンはサロン脱毛の経験者には物足りないかも?という不安もありましたが、むしろ経験者だからこそ最大レベルで躊躇なく使用することができたし、脱毛サロンに通う面倒臭さから解放される喜びを感じることができました。

1番気になっていたひじ下とひざ下は全体的に毛量が少なくなってきましたし、Vラインも脱毛効果が持続しています。

脱毛もスキンケアも諦めずに続けることが1番の近道なので、これからもケノンと共に頑張ります(^^)/♪

ケノンについてもっと詳しく知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

脱毛器ケノン


ケノンの関連記事はこちらをご覧ください。

家庭用脱毛器ケノンはなぜ圧倒的に人気?サロンよりコスパが良いって本当?

家庭用脱毛器のおすすめはどれ?効果・痛み・ランニングコストを徹底比較!

家庭用脱毛器ケノンとトリアどっちがいい?使い方からコストまで徹底比較!