全身脱毛おすすめランキング!脱毛サロンは「安い」で選ばず比較しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭用脱毛器ケノンとトリアどっちがいい?使い方からコストまで徹底比較!


家庭用脱毛器といえば、ケノントリアが二大人気商品です。

ケノンは楽天の脱毛器ランキングで5年間連続1位を獲得しているフラッシュ式の家庭用脱毛器です。

トリアは医療脱毛と同じ原理で脱毛できるレーザー式の家庭用脱毛器で、こちらも楽天の脱毛器ランキングで常に上位にランクインしています。

この記事では、「どっちにするか迷っている」という人や「違いがよくわからない!」という人のため、ケノンとトリアを徹底的に比較してみました。

脱毛器ケノン

ケノンとトリアは脱毛器の種類が違う

76d7f5735a2f1cd6a40e5b312c505c4d_s

脱毛器ケノントリア
種類フラッシュ式(IPL)脱毛器レーザー式脱毛器
生産国日本アメリカ
本体価格69,800円54,800円


ケノンとトリアはそもそも脱毛器の種類が異なります。

ケノンはフラッシュ式で、銀座カラーやシースリーなどのエステサロンと同じIPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛を採用しています。

あまりの人気のため家庭用脱毛器=ケノンというイメージが定着しています。

※ケノンの詳細は『家庭用脱毛器ケノンはなぜ圧倒的に人気?サロンよりコスパが良いって本当?』をご覧ください。

トリアはレーザ―式で、医療脱毛で使われる機械と同じダイオードレーザーを採用しています。
ただし、家庭用の脱毛器なので出力レベルは低いです。

フラッシュ式に比べてレーザー式の家庭脱毛器は種類が少ないため、レーザー式ではトリアが代表的な商品となっています。

使用方法

それでは、ケノンとトリアの使い方からご説明します。

事前の準備

シェービング

ケノンもトリアも、事前の準備は共通です。

照射する部位のムダ毛は2日前~前日までにシェービングしておきましょう。
完全にツルツルの状態よりも、ムダ毛が1mmほど伸びた状態のほうが効果的です。

毛抜きは使用しないでください。
脱毛器の光はメラニン色素(黒色)に反応するしくみなので、ムダ毛を毛根から無くしてしまうと脱毛効果が得られません。

照射部位にほくろ・シミ・傷跡などがある場合は、肌色(又は白色)の絆創膏やシールなどを貼って隠しておきましょう。
光が反応してしまうと火傷や炎症を引き起こす危険性があります。

照射の流れ

ケノンの場合

ケノン付属品 - コピー

【1】電源を入れる
ACコードをケノン本体とコンセントに接続します。

【2】照射エネルギー設定
本体の液晶ディスプレイに照射エネルギーレベルが表示されるので、レベル1~10の範囲内で選択します。

【3】連射設定
シングルショット(1連射)/トリプルショット(3連射)/セクスタブルショット(6連射)から選択します。

【4】ショットモード設定
手動で打つか、自動で打つか選択します。

【5】照射開始
目を保護するためのゴーグルを付けて、ハンドプローブ(照射部分)を肌に当てて照射を開始します。

レーザーが照射されると、光るのと同時に「ピッ」という音がします。
この電子音は2段階の音量調整が可能で、ミュートにすることもできます。

一度照射してから次の照射まで、チャージ時間として約3~5秒間待つ必要があります。



トリアの場合

使い方トリア

【1】電源を入れる
トリアは充電式なのでコードレスで使用できます。
ただし、フル充電の状態でも稼働時間は最高30分です。
(フル充電できるまで約2時間半かかります)

【2】照射エネルギー設定
ディスプレイウィンドウに照射エネルギーレベルが表示されるので、レベル1~5の範囲内で選択します。

【3】照射開始
照射レンズを肌に当てて照射を開始します。
レーザーが照射されると赤く光り、「ピッ」という音がします。
リズムよく次の場所にどんどん移動させれば連続照射も可能です。

一度照射してから次の照射までのチャージ時間は約1秒です。

痛みが強いので、肌を保冷剤で冷却してから照射することをおすすめします。

ケノンの方が使いやすい!

男女使える - コピー

ケノンのハンドプローブは重さが約130gで、家庭用脱毛器の中ではトップクラスの軽さです。
ただし、ハンドプローブが本体とコードで繋がれているので、使用中にコードが邪魔だと感じる人もいるようです。

一方、トリアはコードレスで本体と照射部分が一体化しているのですが、重さが約600gもあるというデメリットがあります。
ペットボトル1本分より重いので、持ち続けていると腕が疲れてしまいそうですね。

また、ケノンは電源コードを接続すればすぐに使用することができますが、トリアは約2時間半も充電しておかなくてはなりません。
充電しながらの照射はできませんので、事前の充電は必須です。

その他にも、自動照射や音量設定など、ケノンの方がトリアより細かい設定ができます。

【ケノンだけのメリット】

ハンドプローブが軽くて疲れない
事前の充電不要
使用時間を問わない
照射エネルギーレベルだけでなく連射や自動照射など、細かい設定ができる
電子音をミュートにできるので夜でも使用しやすい

ランニングコスト

x

本体価格を比較すると、ケノンが69,800円、トリアが54,800円で、ケノンの方が15,000円高額です。

しかし、家庭用脱毛器で大事なのは本体価格ではなくランニングコストです。

本当にオトクな脱毛器はどちらか判断するためには、照射面積1ショットあたりの料金も確認しなくてはなりません。

ケノンの照射面積は業界最大!

ケノンはハンドプローブにカートリッジを取り付けて使用します。

カートリッジは目的に合わせて4種類あります。

カートリッジ種類

エクストララージカートリッジは1番大きなカートリッジです。
照射面積は業界最大の9.25㎠なので、腕や脚、胴回りなど、広い範囲の照射におすすめです。

ラージカートリッジは照射面積7㎠で、顔や指などの狭い範囲の照射に適しています。

エクストララージカートリッジとラージカートリッジは、ケノン本体を購入すると1つずつ付属しています。

その他、オプションとして男性のヒゲなどにおすすめのストロングカートリッジと、フォトフェイシャルとして使える美顔カートリッジも販売しています。

カートリッジ種類照射面積(㎠)ショット数
レベル1レベル10
エクストララージ9.25200,00010,000
ラージ7.0200,00013,043
ストロング4.585,71411,111
美顔4.5200,00042,857

ショット数は照射エネルギーレベルの設定によって変わりますが、最大のレベル10で使い続けても全て10,000回以上照射することができます。

部位ごとのショット数の目安は以下の通りです。
※ショット数は毛量・身長・体重などにより個人差があります。

部位1回の目安6回の目安
20~30発120~180発
両ワキ6~8発36~48発
両ヒジ下50~60発300~360発
両手16~20発96~120発
Vライン10~20発60~120発
両ヒザ上340~400発2,040~2,400発
両ヒザ下300~340発1,800~2,040発

例えば、脚全体の脱毛を2週間に1回ペースで計6回(約3ヶ月間)行った場合、2,400発+2040発=4,440回分照射することになります。

この消費ペースなら頻繁にカートリッジを購入する必要はなさそうですね!

【ケノンの特徴】

照射する部位に合わせてカートリッジサイズが選べる
美顔カートリッジを購入すればフォトフェイシャルとしても使える
エネルギーレベル10で使用し続けても10,000ショット以上使える

トリアは照射面積が小さい

トリアは充電式ですが、内臓バッテリーは消耗品ですので、消耗したら本体ごと新品と交換しなくてはなりません。

約500回充電可能で、消耗後はトリアの会社に電話すれば約2万円で新品のトリアを送ってもらえます。

トリア照射部分 (2)

照射部分は円形になっています。
そのため、脱毛器を少しずつずらしながら丁寧に照射していく必要があります。

照射面積1回の充電のショット数
レベル1レベル5
約1㎠1,700450

1回の充電で照射できる数は、エネルギーレベルの設定によって変わります。

部位ごとのショット数の目安は以下の通りです。
※ショット数は毛量・身長・体重などにより個人差があります。

部位1回の目安6回の目安
口周り約50発約100発
両ワキ約200発約1,200発
両腕約500発約3,000発
両指約50発約300発
Vライン約200発約1,200発
両ヒザ上約1,200発約2,400発
両ヒザ下約1,000発約6,000発

トリアは1回の充電で450~1,700発使用できます。
レベル3なら約1,000発なので、両ヒザ下を照射したらちょうど1回分の充電が無くなりますね。

ケノンは両ワキだと6~8発で終わりますが、トリアの場合1発の照射面積が狭いため片ワキだけで100発も照射しなければなりません。

【トリアの特徴】

照射部分が円形でサイズが小さいので、ケノンよりも照射回数が多くなる
ピンポイントに狙って照射することはできるが、広範囲の脱毛には向かない

1ショットあたりのコストを比較

ケノンの場合
カートリッジ種類カートリッジ料金※1ショットあたりのコスト
レベル1レベル10
エクストララージ9,800円0.049円0.98円
ラージ7,700円0.038円0.59円
ストロング9,800円0.114円0.882円
美顔6,800円0.034円0.158円

※ケノン本体と同時購入すると値引きされます。

トリアの場合
本体価格充電回数1ショットあたりのコスト
レベル1レベル5
54,800円約500回0.064円0.243円


ケノンもトリアも1ショットあたりのコストは1円未満で大きな差はありませんでした。

しかし、照射面積の違いを思い出してください。

ケノンのエクストララージカートリッジの照射面積はトリアの9倍も大きいので、その分少ない照射回数で済みます。

部位ごとのコストを比較すると、ケノンの方がオトクですね。

脱毛器ケノン(レベル10)トリア(レベル5)
照射回数コスト照射回数コスト
両ワキ6~85.88~7.84円20048.6円
両腕50~6049~ 58.8円500 121.5円
Vライン10~209.8~19.6円20048.6円
両ヒザ上170~200166.6~196円1,200291.6円
両ヒザ下150~170147~166.6円1,000243円

※照射回数は目安です。
※ケノンはエクストララージカートリッジ使用の場合

ケノンのほうがランニングコストが低くて経済的!

効果

実際にケノンとトリアを使用した人の口コミを調べてみました。

ケノンの口コミ


照射から約1週間でムダ毛がポロポロと抜け始めたという人が多いですね。
効果があったという声が多い中、このような口コミもありました。


ケノンで広範囲の脱毛をして、特に気になる部分はトリアを使用したいと考えている人もいました。
脱毛サロンと医療脱毛を掛け持ちするようなイメージですね。

トリアの口コミ


トリアも効果を実感している声が多いですが、レーザー脱毛器なので「痛い」という感想も多かったです。
継続できず心が折れてしまう人もいるようですね。


トリアは照射部分が円形なうえ、1㎠という小さなサイズのため、広範囲の施術を行うのは大変です。
腕や脚を全体的に脱毛するために脱毛器を購入するなら、トリアよりケノンをおすすめします。

家庭用脱毛器のよくある悩み

家庭用脱毛器の購入を検討している人のよくある悩みを調べてみました。

誰でも簡単に操作できる?

先ほどご紹介した通り、ケノンもトリアも簡単な設定するだけですぐに使えます。

ケノンディスプレイ

ケノンには本体に液晶ディスプレイが付いていて、設定がすべて日本語で表示されるのでとてもわかりやすいです。

照射レベル(1~10)→連射設定(1連射/3連射/6連射)→ショットモード設定(手動/自動)の順に設定するのですが、使用するボタンはアップ・ダウンのボタンと決定ボタンの3つだけです。

しかも、ケノンの場合、電源をオフにしても設定が記憶されるので、次からは設定作業なしですぐに照射をスタートすることができますよ!

トリアディスプレイ

トリアは出力レベル(1~5)を設定するだけなのでさらにシンプルです。

ディスプレイ下の赤いボタンを押すとレベルが1→2→3・・・と上がっていきますので、好きなレベルに設定します。

そして照射部分を肌にあてれば照射が始まります。

ケノンもトリアも設定が簡単!

機械操作が苦手な方でもすぐに使いこなすことができる!

どのくらい使えば効果がある?

毛には毛周期というものがありますので、脱毛器を使ってすぐにツルスベ肌になるわけではありません。
これは脱毛サロンやクリニックで脱毛した場合も同じです。

口コミの中には、たった1~2回照射しただけで「効果がない!」と言っている人もいますが、それは当たり前のことです。

しばらくは2週間に1度のペースで継続してください。

ケノンなら10回前後(4~5ヶ月)トリアなら5回前後(2~3ヶ月)で毛が減ってきたことを実感できるでしょう。

ケノンなら4~5ヶ月、トリアなら2~3ヶ月は継続が必要!
ケノンはフラッシュ式脱毛なので、レーザー式のトリアの方が効果を実感するのが早い

分割払いはできる?

ケノン・代引き
・クレジットカード
・ケノン提携会社のローン
トリア・代引き
・クレジットカード

家庭用脱毛器はサロンに通うより安いとはいえ、5~7万円の商品を一括払いで購入するのは厳しいという人もいるでしょう。

クレジットカードなら最大24回まで分割払いすることができます。

また、ケノンはオリエントコーポレーションという会社と提携した独自の分割ローンを用意しているので、審査に通ればクレジットカードを持っていない方でも分割払いできます。

こちらも分割回数は最大24回までです。
金利手数料は支払回数によって変わりますが、24回でも7,084円なので一般的なローン金利よりも安くてオトクです。

ケノンならクレジットカードの無い人でも分割払いできる!
金利も安くて
安心!

家庭用脱毛器はケノンがおすすめ

最後にケノンとトリアの特徴をおさらいしましょう。

脱毛器ケノントリア
種類フラッシュ式(IPL)脱毛器レーザー式脱毛器
生産国日本アメリカ
本体価格69,800円54,800円
返金保証なし30日間
品質保証1年2年
重さハンドプローブ約130g本体約600g
照射部分サイズ最大9.25㎠(長方形)1㎠(円形)
充電不要約2時間半
エネルギーレベル10段階5段階
自動照射×
音量調節2段階/ミュート×
1ショットあたりのコストエクストラ0.049~0.98円0.064円~0.243円
ラージ0.038~0.59円
痛み少ない強く感じる
その他機能美顔器脱毛のみ


ケノンはトリアよりも本体価格が高いですが、照射面積が広いのでランニングコストはトリアより低いです。

トリアは照射部分が円形で1㎠しかなく、さらに重さが約600gもあるという点が大きなデメリットですね。

また、レーザー式なので脱毛効果は高いのですが、フラッシュ式のケノンと比べるとかなり痛みが強いです。

ケノンならハンドプローブが軽くて照射面積も広いので、広範囲でもサクサク照射していけます。
また、照射部分が長方形なので打ち漏れも少ないでしょう。

さらに、ケノンはカートリッジ交換式なので家族みんなで使用することも可能です。
実際に、ケノン利用者の3人に1人が家族で利用しているそうです。(ケノン公式サイト調べ)

オプションの美顔カートリッジに付け替えればフォトフェイシャルとしても使えるのも魅力的です。

これだけのメリットがあるなら、楽天の家庭用脱毛器ランキングで5年連続1位を取っているのも納得ですね!

ケノンについてさらに詳しく知りたい方は公式サイトをご覧ください♪

脱毛器ケノン