全身脱毛おすすめランキング!脱毛サロンは「安い」で選ばず比較しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛=永久脱毛ではない?光・レーザー脱毛で永久脱毛は可能か徹底解説!


永久脱毛は「永久にムダ毛が1本も生えてこない」というイメージを抱いている方が多いのですが、残念ながらその認識は間違っています。

また、エステ脱毛=永久脱毛と思っている方もいるようですが、エステサロンで行っている脱毛は「永久脱毛」とは言えません。

このように、「永久脱毛」は間違った認識をされやすい言葉なんです。

そこ今回は、永久脱毛の定義永久的な脱毛効果を得る方法について詳しくご紹介致します。

脱毛の基本的な知識となりますので、これから脱毛デビューする方はぜひチェックしておいてくださいね(^^)

両ワキ脱毛

永久脱毛には定義がある

実は「永久脱毛」という言葉には定義があり、米国電気脱毛協会にて以下のように定められています。

『脱毛施術1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法』


「永久」と言うからには、脱毛したムダ毛はもう二度と生えてこないというイメージを抱いてしまいますよね。

しかし、脱毛完了後にまたムダ毛が生えてきても全体の20%以下であれば「永久脱毛」の効果は持続していることになるのです。

永久脱毛は医療脱毛とニードル脱毛だけ

脱毛は大きく分けると3つの方法があります。

光(フラッシュ)脱毛
医療レーザー脱毛
ニードル脱毛

このうち、「永久脱毛」と言えるのは医療レーザー脱毛とニードル脱毛です。

それぞれどのような脱毛法なのかご紹介していきます!

光脱毛の効果は減毛・抑毛

光脱毛はエステサロンなどで行われている脱毛方法です。

光脱毛にもいくつか種類がありますが、すべて減毛・抑毛を目的としています。

IPL脱毛毛根にダメージを与えて抑毛する
SSC脱毛ジェルと光の相乗効果で抑毛・制毛を促進する
ハイパースキン脱毛休止期の毛(これから生える毛)にダメージを与え発毛因子を減らす
SHR脱毛毛包(毛根全体を取り巻く組織)にダメージを与え毛の再生を抑制する


光脱毛について詳しく知りたい方は『IPL脱毛とSSC脱毛の違いは?他にも脱毛法がある?効果や痛み料金を比較』をご覧ください。

医療レーザー脱毛は毛の再生率が低い

レーザー脱毛は医療行為なので、医師がいるクリニックでしか取り扱うことができません。

光脱毛の効果は毛根細胞にダメージを与えるレベルにとどまりますが、医療レーザー脱毛なら照射パワーが強いので毛根細胞を破壊することが可能です。

そのため、光脱毛よりもムダ毛の再生率がかなり低い状態にすることができるのです。

医療レーザー脱毛機の違いについて詳しく知りたい方は『医療レーザー脱毛機の違いとは?脱毛効果や痛みを人気クリニックごとに比較』をご覧ください。

ニードル脱毛1本1本確実に処理する

ニードル脱毛は「電気針脱毛」、「絶縁針脱毛」などとも言われています。

この脱毛方法は、光脱毛・医療レーザー脱毛とは全く異なります。

ムダ毛が生えている毛穴1つ1つに針を刺し、弱い電流を流して毛乳頭・毛母細胞を破壊していきます。
解施術した毛穴からは、もうムダ毛は生えてきません。

%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%ab

ニードル脱毛は光脱毛・医療レーザー脱毛よりも前に誕生しており、1980年代までは主流となっていました。

施術したその場で確実にムダ毛を無くすことができるのですが、時間がかかる、強い痛みを伴う、料金が高額などデメリットも多いため、現在では一般的な脱毛方法ではありません。

光脱毛または医療レーザー脱毛をしたが、まだしぶとく残っているムダ毛があった場合にニードル脱毛で処理すると完璧に仕上げることができます。

また、光脱毛または医療レーザー脱毛では処理できない毛(色素が薄い毛、ホクロ毛など)や照射できない肌(シミが多い部位、日焼けした肌、タトゥーを入れている部分など)の対処法としてもニードル脱毛が選ばれています。

光脱毛だけは永久脱毛の定義に当てはまらない

医療レーザー脱毛とニードル脱毛は「永久脱毛」と言うことができます。

もっと厳密にいうと、医療脱毛はムダ毛が再生する可能性はあるものの、「永久脱毛の定義」に当てはまる脱毛法です。

一方、ニードル脱毛は施術した毛穴からは毛が生えなくなるので、永久に毛が生えなくなる唯一の脱毛法です。

エステサロンで行っている光脱毛はあくまで毛乳頭へダメージを与える減毛・抑毛にとどまるため、永久脱毛と言えるほどの効果は証明されていません。

また、日本では「永久脱毛は医療行為である」と厚生労働省に定められています。
そのため、エステサロンで永久脱毛を行うこと自体が法律違反になってしまうのです。

医療レーザー脱毛の効果の永久性は証明されてない

医療レーザー脱毛とニードル脱毛は「永久脱毛」と言える脱毛法だとご紹介しましたが、実は医療レーザー脱毛の効果の永久性は不明なんです。

3つの脱毛法のうち、最初に誕生した脱毛方法はニードル脱毛で、1875年にアメリカで発明されて1916年から美容脱毛として広まっていきました。
日本では1972年に導入されています。

そんなニードル脱毛に比べて、現在主流となっている医療レーザー脱毛と光脱毛は歴史の浅い脱毛方法です。

レーザー脱毛は1996年にアメリカで誕生し、日本には翌年の1997年に導入されました。
それまでは日本でもニードル脱毛が主流でしたが、徐々にレーザー脱毛へと変わっていきました。

光脱毛が導入されて脱毛市場が拡大したのは2000年代に入ってからのことです。
痛みが少なく料金も安い光脱毛は大人気となりました。

今では店舗数&会員数No.1のミュゼプラチナムは2002年にオープンし、その後も2007年にシースリー、2010年に脱毛ラボ、2014年にキレイモと、新たな脱毛サロンが続々と誕生し続けています。

job_sensei


レーザー脱毛が普及して約20年光脱毛が普及して約15年
現在では多くの女性が脱毛している時代ですが、意外にも脱毛の歴史はまだまだ短いものです。

つまり、医療レーザー脱毛と光脱毛の効果が永久に持続するかどうかは、現時点では検証不可能であり、まだ証明されていないのです。

永久的な脱毛効果を得る方法

せっかく脱毛するならできるだけ長く脱毛効果を持続させたいですよね。
すぐにムダ毛が復活するかもしれないのに、高額の料金を支払うのは誰だって不安です。

そこで、半永久的な脱毛効果を得る方法をご紹介します!

光脱毛は回数無制限コースがおすすめ

光脱毛は永久脱毛とは言えませんが、施術回数を重ねれば半永久的な脱毛効果を得ることができます。

一般的には、10~12回ほど施術すればムダ毛のお手入れがかなり楽になり、12~18回ほど施術すれば自己処理がほとんど必要ない状態になると言われています。(脱毛効果には個人差があります。)

徹底的にムダ毛を無くしたい方は、メンテナンス感覚で何度でも通える回数無制限コースをおすすめします。

全身脱毛の回数無制限コースがあるサロン

キレイモ・銀座カラー・シースリーには全身脱毛の回数無制限コースがあります。

どこの脱毛サロンでも18回コースを契約すると大体30万円ほどかかってしまいますので、回数無制限コースを選んだほうが結果的にお得ですよ!

サロン顔脱毛料金(税込)
キレイモ含む350,000円
銀座カラーなし202,662円
含む291,654円
シースリ―顔・IOラインどちらか選択290,000円~340,000円
顔・IOライン含む340,000円~382,400円

回数無制限コースがあるサロンの中で特におすすめなのはキレイモです。

コースの有効期限なし、「スリムアップ脱毛」か「美白脱毛」か選べる、シェービング代無料、キャンセル料無料など、他のサロンよりもメリットが多いんですよ(^^)

★キレイモについて詳しく知りたい方は『キレイモの初回分無料キャンペーン・予約の取り方・全身脱毛の効果まで解説』をご覧ください。

★銀座カラーについて詳しく知りたい方は『銀座カラーのキャンペーンは全身脱毛No.1?顔脱毛は効果抜群でおすすめ』をご覧ください。

★シースリーについて詳しく知りたい方は『シースリーの豪華キャンペーン!全身脱毛は月額5,800円で2ヶ月0円』をご覧ください。

 

部分脱毛の回数無制限コースがあるサロン

銀座カラーには、全身脱毛だけでなく人気部位のセットコースや1部位から脱毛できるコースもあり、顔脱毛以外はすべて回数無制限で契約することができます。

銀座カラーの回数無制限コース
部位料金(税込)
腕全セット136,036円
足全セット163,244円
VIOセット163,244円
1部位(デリケートチョイス)27,207円
1部位(スタンダードチョイス)54,414円


光脱毛は12~18回で自己処理がほぼ不要になる
回数無制限コースがあるキレイモ・銀座カラー・シースリーなら永久的な脱毛ができる
銀座カラーは部分脱毛の通い放題も可能
キレイモ

医療レーザー脱毛は6回~8回が完了の目安

医療脱毛は「永久脱毛」と言える脱毛方法ですから、光脱毛よりも少ない施術回数で高い脱毛効果が期待できます。

光脱毛は12~18回ほど施術が必要なのに対し、医療脱毛であれば6~8回で満足な効果が得られると言われています。
少ない施術回数で早く脱毛完了したい方は、医療レーザー脱毛をおすすめします。

ただし、医療レーザー脱毛は効果が高い分、光脱毛のように回数無制限のコースを用意しているクリニックは少ないです。
どこのクリニックでも大体5~6回分のコースのみとなっています。

コース終了後に追加契約する場合の契約方法や料金についても、あらかじめ調べておきましょう。

湘南美容外科はワキ脱毛の回数無制限コースあり

湘南ワキ

大手美容クリニックの湘南美容外科には、両ワキ脱毛の回数無制限コースがあります。

医療脱毛の場合、両ワキ脱毛は5回で1万円~2万円というクリニックが多いのですが、たった3,400円で満足できるまで何度も脱毛できるとは驚きですね!

詳しくは『脇の医療レーザー脱毛は湘南美容外科クリニック!選ばれる5つの理由とは』をご覧ください。

 

リゼクリニックは特別価格で追加照射できる

アイキャッチ17年10月

リゼクリニックでは、全コース施術回数が5回と決められています。

ただし、コース終了後もまだ施術したい場合は定価の1/2以下の料金で追加照射することができます!

さらに5回コースを追加契約するのではなく、1回ずつ追加照射できるのはありがたいですね。

部位1回の料金コース終了後の追加1回の料金
全身脱毛(顔VIOなし)199,000円59,800円
顔全体セット44,500円15,968円
VIOセット44,500円14,240円
腕全体セット37,900円15,680円
足全体セット67,900円23,680円

※税込

リゼクリニックについて詳しく知りたい方は『リゼクリニックは安心して通える医療脱毛!追加料金0でトラブル保証もあり』をご覧ください。

医療脱毛の脱毛完了の目安は6~8回
湘南美容外科は、医療脱毛では珍しいワキ脱毛の回数無制限コースがある
リゼクリニックはコース完了後は通常の1/2以下の料金で追加照射できる

ニードル脱毛と併用する手もある

ニードル脱毛は1本で100円~500円という料金設定になっているので、広範囲の施術は高額になります。

そのため、ニードル脱毛は光脱毛または医療レーザー脱毛完了後のしぶとい残り毛の対処法として利用することをおすすめします。

TBCはニードル脱毛と光脱毛の組み合わせが可能

キャンペーン

エステティックTBCの「スーパー脱毛」は、ニードル脱毛と同じしくみの美容電気脱毛です。

プレーンゾーン(両ワキ・両ヒジ下・両ヒザ下など)は1本130円、デリケートゾーン(顔・えりあし・首・両手足の甲・指など)は1本143円で脱毛できます。

この美容電気脱毛と光脱毛を組み合わせた「スーパー&ライト脱毛」を91%オフで体験できるキャンペーンを実施していますので、気になる方は公式サイトからお申し込みください。


エステティックTBCについて詳しく知りたい方は『永久脱毛するなら「TBCスーパー脱毛」!終わらない脱毛からは卒業しよう』をご覧ください。

ニードル脱毛は光脱毛または医療レーザー脱毛との併用がおすすめ
エステティックTBCならニードル脱毛と同じ仕組みの美容電気脱毛と光脱毛を組み合わせた脱毛ができる

両ワキ脱毛

まとめ

永久脱毛とは、永久に毛が生えないのではなく「ムダ毛が無い状態を長期間維持できる脱毛法」である
エステサロンの光脱毛は、法律上「永久脱毛」とは言えない
光脱毛でも回数無制限コースなら半永久的な効果が期待できる
ニードル脱毛は残り毛の最終処理として利用するのがおすすめ

現時点で確実に毛が生えてこない脱毛方法はニードル脱毛だけですが、もちろん光脱毛・医療レーザー脱毛をしても意味が無いというわけではありません。

光脱毛も医療レーザー脱毛も、毛周期に合わせて定期的に施術を重ねれば、半永久的な脱毛効果を得ることは可能です。

また、どうしても気になる部分や手強い残り毛がある場合はニードル脱毛で解決するという手もあります。

ムダ毛がほとんど気にならない状態まで脱毛し、その状態を維持する方法を選ぶことで、半永久的な脱毛効果が得られますよ。