全身脱毛おすすめランキング!脱毛サロンは「安い」で選ばず比較しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛=永久脱毛ではない?光・レーザー脱毛で永久脱毛は可能か徹底解説!


永久脱毛というと、「永久にムダ毛が1本も生えてこない」というイメージを抱いている方が多いのですが、残念ながらその認識は間違っています。

また、脱毛=永久脱毛と思っている方もいるようですが、エステサロンで行っている脱毛は「永久脱毛」とは言えません。

このように、「永久脱毛」という言葉の本来の意味は一般的にあまり知られておらず、間違った認識をされやすい言葉なんです。
脱毛初心者さんだけでなく、脱毛経験者さんでも「永久脱毛」について詳しく理解していない方が多いのが現状です。

そこで今回は、永久脱毛とは何か、そして永久的な脱毛効果を得るためにはどうすれば良いのか、詳しくご紹介致します。

両ワキ脱毛

永久脱毛の定義

実は「永久脱毛」という言葉には定義があり、米国電気脱毛協会にて以下のように定められています。

『脱毛施術1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法』


「永久」と聞くと、脱毛したムダ毛はもう二度と生えてこない!というイメージを抱いてしまいますよね。

しかし実際には、脱毛完了後にまたムダ毛が生えてきても全体の20%以下であれば「永久脱毛」の効果は持続していることになるんです。

永久脱毛と言える脱毛方法は?

脱毛方法は、大きく分けると光(フラッシュ)脱毛レーザー脱毛ニードル脱毛の3種類あります。まずはそれぞれの脱毛方法についてご紹介します。

光脱毛とは

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37


光脱毛はエステサロンで行われている脱毛方法です。

メラニン色素(黒色)に反応する光を照射して、毛根と毛乳頭に熱ダメージを与えていきます。
毛乳頭とは毛を発生させたり成長させたりする部分であり、この毛乳頭にダメージを与えることで減毛・抑毛の効果が期待できます。
毛周期に合わせて定期的に施術を繰り返せば、徐々にムダ毛が薄く細くなっていきます。

サロンの公式サイトを見ると「SSC(スムース・スキン・コントロール)方式」や「IPL(インテンス・パルス・ライト)方式」などと紹介されている場合がありますが、これらも全て光脱毛に分類されます。

レーザー脱毛とは

%e9%81%95%e3%81%84


レーザー脱毛はクリニックで行われている脱毛方法です。
医療用機器を使用して施術を行うため、この脱毛方法は医師がいるクリニックでしか取り扱うことができません。

光脱毛と同じようにメラニン色素(黒色)に反応する光を照射していくのですが、照射パワーが強いのが特徴です。

光脱毛の効果は“毛根と毛乳頭にダメージを与える”レベルですが、レーザー脱毛なら“毛根と毛乳頭を破壊する”ことが可能です。
そのため、光脱毛よりもムダ毛の再生率がかなり低い状態にすることができるのです。

ニードル脱毛とは

%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%ab


ニードル脱毛は「電気針脱毛」、「絶縁針脱毛」などとも言われています。

こちらの脱毛方法は、光脱毛・レーザー脱毛とは全く異なります。

ムダ毛が生えている毛穴1つ1つに針を刺し、弱い電流を流して毛乳頭・毛母細胞を破壊していきます。施術した毛穴からはムダ毛は生えなくなります。

ニードル脱毛は、光脱毛・レーザー脱毛よりも前に誕生しており、1980年代までは主流となっていました。

施術したその場で確実にムダ毛を無くすことができるのですが、時間がかかる、強い痛みを伴う、料金が高額などデメリットも多いため、現在では一般的な脱毛方法ではありません。

光脱毛またはレーザー脱毛完了後、まだしぶとく残っているムダ毛があった場合にニードル脱毛で処理したり、光脱毛・レーザー脱毛では処理できない毛(色素が薄い毛ホクロ毛など)や照射できない肌(シミが多い部位日焼けした肌タトゥーを入れている部分など)の対処法としてニードル脱毛が選ばれています。

永久脱毛はレーザー脱毛とニードル脱毛のみ!

以上3種類の脱毛方法のうち、永久脱毛と言えるのはレーザー脱毛とニードル脱毛です。

もっと具体的に言うと、医療脱毛はムダ毛が再生する可能性はありますが「永久脱毛の定義」に当てはまる脱毛方法です。ニードル脱毛は、施術した毛穴からは毛が生えませんので、永久に毛が生えない唯一の脱毛方法です。


エステサロンで行っている光脱毛はあくまで毛乳頭へダメージを与える減毛・抑毛にとどまるため、永久脱毛と言えるほどの効果は証明されていません。

また、日本では永久脱毛は医療行為であると厚生労働省に定められています。そのため、エステサロンで永久脱毛を行うことは法律違反になってしまうのです。

光脱毛・レーザー脱毛の永久性は不明!?

最初に誕生した脱毛方法はニードル脱毛で、1875年にアメリカで発明されて1916年から美容脱毛として広まっていきました。日本では1972年に導入されています。

そんなニードル脱毛に比べて、現在主流となっているレーザー脱毛と光脱毛は歴史の浅い脱毛方法なのです。

レーザー脱毛は1996年にアメリカで誕生し、日本には翌年の1997年に導入されました。
それまでは日本でもニードル脱毛が主流でしたが、徐々にレーザー脱毛へと変わっていきました。

光脱毛が導入されて脱毛市場が拡大したのは2000年代に入ってからのことです。
痛みが少なく料金も安い光脱毛は大人気となりました。
今では店舗数&会員数No.1のミュゼプラチナムは2002年にオープンし、その後も2007年にシースリー、2010年に脱毛ラボ、2014年にキレイモと、新たな脱毛サロンが続々と誕生し続けています。

job_sensei


レーザー脱毛が普及して約20年光脱毛が普及して約15年
現在では多くの女性が脱毛している時代ですが、意外にも脱毛の歴史はまだまだ短いものです。

つまり、レーザー脱毛と光脱毛の効果が永久に持続するかどうかは、現時点では検証不可能であり、まだ証明されていないのです。

永久的な脱毛効果を得るにはどうしたらいいの?

せっかく脱毛するならできるだけ長く脱毛効果を持続させたいですよね。
すぐにムダ毛が復活するかもしれないのに、高額の料金を支払うのは誰だって不安です。

そこで、半永久的な脱毛効果を得る方法をご紹介します!
 

光脱毛の場合

光脱毛は永久脱毛とは言えませんが、施術回数を重ねれば半永久的な脱毛効果を得ることができます。
一般的には、10~12回ほど施術すればムダ毛のお手入れがかなり楽になり、12~18回ほど施術すれば自己処理がほとんど必要ない状態になると言われています。(脱毛効果には個人差があります。)


人気サロンのシースリーや銀座カラーには回数無制限コースがあります。
徹底的にムダ毛を無くしたい方は、気になった時にいつでも通える回数無制限コースをおすすめします。
どこの脱毛サロンでも18回コースを契約すると大体30万円ほどかかってしまいますので、回数無制限コースを選んだほうがオトクですよ!
 

回数無制限コース
サロン料金(税込)1回の来店で施術できる範囲
シースリー29万~34万円全身の1/4ずつ
34万~38万円全身
銀座カラー318,600円
※213,462円
全身

※【2017年8月】33%オフキャンペーン中です!

シースリーは全身脱毛専門サロンですが、銀座カラーには全身脱毛以外にも人気の部位がセットになったコースや1部位から脱毛できるコースも用意されており、顔脱毛以外はすべて回数無制限で契約することが可能です。
 

銀座カラーの回数無制限コース
部位料金(税込)
腕全セット203,040円
※136,036円
足全セット243,648円
※163,244円
VIOセット243,648円
※163,244円
1部位(デリケートチョイス)40,608円
※27,207円
1部位(スタンダードチョイス)81,216円
※54,414円

※【2017年8月】33%オフキャンペーン中です!

レーザー脱毛の場合

医療脱毛は「永久脱毛」と言える脱毛方法ですから、光脱毛よりも少ない施術回数で高い脱毛効果が期待できます。

光脱毛は12~18回ほど施術が必要なのに対し、医療脱毛であれば5~8回で満足な効果が得られると言われています。
料金はエステサロンよりも高めですし、施術時の痛みも強いというデメリットがありますが、早くキレイになりたい方にはレーザー脱毛がおすすめです。
 

ただし、レーザー脱毛は効果が高い分、光脱毛のように回数無制限のコースを用意しているクリニックはほとんどありません。どこのクリニックでも大体5~6回分のコースのみとなっています。
コース終了後に追加契約する場合の契約方法や料金についても、あらかじめ調べておきましょう。

大手クリニックの湘南美容外科では両ワキ脱毛のみ3,400円で回数無制限コースが用意されています。

また、リゼクリニックでは全コース施術回数が5回と決められていますが、コース終了後もまだ施術したい場合は特別価格として1/2以下の料金で追加施術することができます。

ニードル脱毛との併用

光脱毛またはレーザー脱毛完了後もしぶとく生えてくるムダ毛があった場合、仕上げにニードル脱毛をすれば満足な結果が得られるでしょう。

ニードル脱毛は高額で痛みもかなり強いので、手強い残り毛の対処方法として利用することをおすすめします。

エステサロンのニードル脱毛1本100円~
クリニックのニードル脱毛1本500円~

まとめ

永久脱毛とは、永久に毛が生えないのではなく「ムダ毛が無い状態を長期間維持できる脱毛法」である
エステサロンの光脱毛は法律上「永久脱毛」とは言えない
光脱毛でも回数無制限コースなら半永久的な効果が期待できる
ニードル脱毛は残り毛の最終処理として利用すべき

現時点で確実に毛が生えてこない脱毛方法はニードル脱毛だけですが、光脱毛・レーザー脱毛をしても意味が無いというわけではありません。
どちらも毛周期に合わせて施術回数を重ねれば半永久的な効果を得ることは可能です。

実際に、ニードル脱毛は一般的ではありませんよね?
現在主流になっている脱毛方法は光脱毛とレーザー脱毛ですし、料金や通いやすさの面で考えるとやはり光脱毛がダントツで人気です。

ムダ毛がほとんど気にならない状態まで脱毛し、その状態を維持する方法を選ぶことで半永久的な脱毛効果が得られますよ。

最終的にどうしても気になる部分や手強い残り毛があった場合は、ニードル脱毛で解決しましょう。

両ワキ脱毛