全身脱毛おすすめランキング!脱毛サロンは「安い」で選ばず比較しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おでこ脱毛で広くキレイに整えたい!失敗しないクリニック・サロンの選び方


モデルや女優さんのような美しいおでこに憧れて、おでこ脱毛を始める女性が増えています。

おでこ脱毛ができるクリニックやサロンは多いので、どこで脱毛するか迷うと思いますが、料金の安さだけで選んではいけません!

なぜなら、脱毛できる範囲はクリニックやサロンによって異なるため、事前にリサーチしておかないと理想とは程遠い不自然な仕上がりになってしまう恐れがあるからです。

特に、前髪の生え際を脱毛しておでこを広くしたいと考えている女性は注意が必要です。

そこで今回は、おでこ脱毛にかかる期間・費用・注意点などを踏まえたうえで、おすすめのクリニックとサロンをご紹介します。

レジーナクリニック

おでこのセルフ脱毛はおすすめできない4つの理由

おでこの産毛が濃くて悩んでいる方は、「自分で脱毛できないかな?」と一度は考えたことがあると思います。

しかし、セルフ脱毛という選択はおすすめしません。
顔の脱毛はプロに任せるべき理由を3つご紹介します。

肌トラブルが発生しやすい

脱毛クリーム・脱毛テープ・脱毛ワックス・毛抜きなどを使用したセルフ脱毛は、いずれも肌への負担が大きいため肌トラブルが発生するリスクが大きいです。

脱毛クリーム除毛クリームとも言う。
アルカリ性の成分「チオグリコール酸カルシウム」が毛のタンパク質に反応して毛を溶かすことができる。
肌への刺激が強いため、ほとんどの商品が顔や頭髪に使用するのは禁止している。
脱毛テープ毛を無理やり抜く行為なので、開いた毛穴から雑菌が入って炎症を起こす恐れがある。
また、皮膚が傷つくことにより埋没毛ができやすくなる。
脱毛ワックス
毛抜き


※埋没毛・・・毛が皮膚の下に埋もれた状態で成長すること。肌のターンオーバーによって自然と治るが、肌がブツブツとした状態が続く。

これらのアイテムを使用したセルフ脱毛は、肌トラブルを起こす可能性が高いだけでなく、痛みを伴うというデメリットもあります。

身体の肌トラブルなら服で隠すことができますが、顔はそうもいきません。
大事なパーツだからこそ、セルフ脱毛は避けましょう。

毛が無くなるのは一時的

セルフ脱毛の効果は一時的なものです。

脱毛クリームは今生えている毛を溶かして除去するだけなので、1週間もすれば皮膚の下に埋まっていた毛が顔を出します。

脱毛テープやワックス、毛抜きは根こそぎ毛が無くなったように見えますよね。
しかし、毛を作る機能はそのままなので、しばらくすると新たな毛が生えてきてしまいます。

時間をかけて痛い思いをしながらムダ毛を処理しても、定期的なお手入れからは解放されないのです。

ニキビが悪化する可能性がある

おでこは皮脂分泌が多いためニキビができやすい部位です。
繰り返しできるおでこニキビに悩まされているという女性も多いのではないでしょうか。

脱毛クリームはニキビなどのトラブルが無い肌に使用することが前提です。
もしニキビがある状態で脱毛クリームを使用すると、毛を溶かすアルカリ性の成分によってダメージを受け、症状が深刻化する危険性があります。

また、一時的に肌状態が落ち着いたとしても、脱毛テープやワックスを使用して毛穴が開くと新たなニキビができる原因を作ることになります。

デザインを失敗しやすい

実は、効果の持続性が長いセルフ脱毛の方法が1つだけあります。

それは、家庭用脱毛器です。

家庭用なのでもちろんエステ脱毛よりパワーは弱いですが、定期的に使用すれば抑毛・減耗効果が得られます。
また、自宅に居ながら好きなタイミングで脱毛できるので忙しい女性に人気があります。

しかし、顔脱毛目的に家庭用脱毛器を購入するのはおすすめしません。

そもそも産毛は身体に生える太い毛に比べて脱毛効果が出ずらいため、パワーの弱い家庭用脱毛器で満足な効果を得るのは難しいでしょう。

また、おでこや眉毛周辺、もみあげなど、毛のある部分と無い部分の境目の微調整が難しいというデメリットもあります。

【よくある失敗】
・毛を残したい部分まで抜けてしまった
・打ち漏れのせいで産毛の生え方がムラになってしまった
・前髪、眉毛、もみあげの生え際のラインがガタガタになってしまった


キレイなおでこを手に入れるために脱毛したのに、逆に人に見せられない状態になってしまったら悲惨ですよね・・・。

脱毛サロンやクリニックでプロにお任せすれば、生え際のデザインを入念に打ち合わせしてから脱毛してもらえるので、理想的な形に仕上がりますよ。

脱毛クリームやワックスなどは肌への負担が大きいので、デリケートな顔に使用するのは危険
毛を溶かしたり抜いたりしても効果が長期的に持続するわけではない
おでこはニキビができやすいので、セルフ脱毛で刺激を与えると症状悪化の原因になる
家庭用脱毛器を使ってセルフ脱毛すると前髪や眉毛の境目が不自然になったり打ち漏れが発生する可能性が高い

医療脱毛・サロン脱毛のメリット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おでこ脱毛は医療脱毛クリニックでも脱毛サロンでも対応していますが、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

医療脱毛とサロン脱毛の違いを知りたい人は『医療脱毛と脱毛サロンはどっちがいいの?効果・回数・料金徹底比較!』でご覧ください。

医療脱毛は効果が高く脱毛期間が短い

医療脱毛はレーザーの照射パワーが強いので、永久脱毛の効果があります。

また、1回の照射の効果が高いのでサロン脱毛よりも少ない回数で脱毛完了できるというメリットがあります。

おでこ脱毛にかかる回数と期間の目安は以下の通りです。

効果お手入れが楽になるお手入れがほぼ不要になる
医療脱毛回数4回前後8回前後
期間半年~1年1年半~2年
サロン脱毛回数12回前後18回前後
期間約2年約3年

※効果には個人差があります。

サロン脱毛は痛みが少なくて肌に優しい

サロン脱毛は医療レーザー脱毛よりも照射パワーが弱いため、脱毛完了まで時間がかかります。

しかし、照射パワーが弱いということは肌への負担が少ないため、敏感肌の方におすすめの脱毛法です。

また、施術時の痛みが少ないというメリットもあります。

早く脱毛を終わらせたい人産毛をしっかり無くしたい人は医療レーザー脱毛がおすすめ
時間がかかってもいいから肌への負担や痛みを抑えて脱毛したい人はサロン脱毛がおすすめ

レジーナクリニック

おでこを広げたい人はカウンセリングで要相談

beauty skincare woman

おでこが狭いことにコンプレックスを感じている女性も多いですよね。

不要な産毛を脱毛することにより、おでこを広く見せることは可能です。

前髪の生え際には短めの細くて柔らかい毛がたくさん生えているので、毛量を調節したり、円形・富士額など理想的なデザインに整えるだけで印象は大きく変わりますよ。

おでこがかなり狭い人は産毛だけでなく前髪部分も脱毛したいと思いますが、残念ながら前髪部分まで照射してくれるサロンやクリニックは少ないのが現実です。

なぜなら、頭髪部分は毛が太く密度も高いため、照射後に炎症が強く出たり色素沈着を起こしたりする危険性があるからです。

リスクがあることを覚悟の上で脱毛したいという人は、医療脱毛クリニックで相談してみてください。
クリニックでは医師が診察を行うので、患者の毛質や照射したい面積によっては前髪部分も照射してもらえる場合もあるそうです。

おでこ脱毛の3つの注意点

続いては、おでこを脱毛する際に注意すべきことを3つご紹介します。

おでこと前髪の境目がハッキリすると不自然

pixta_37090851_M

前髪の生え際にある短い毛をすべて脱毛すると、おでこと前髪の境目がハッキリと別れます。

特に問題ないのでは?と思うかもしれませんが、生え際の柔らかい産毛は女性特有のものなので、すべて脱毛すると男性のおでこのような印象になってしまいます。

また、生え際の産毛にはシェーディングの効果(顔の輪郭に陰影をつけることで小顔に見せるメイクテクニック)があります。

すべて処理したら顔が大きく見えるようになった!と脱毛したことを後悔する人も多いです。

前髪の生え際と眉毛のデザインは慎重に決める

pixta_12991255_M

「前髪の生え際が不揃いなのでを円形に整えたい」「富士額のように産毛を残したい」など、デザインの要望がある場合はスタッフとしっかり打ち合わせする必要があります。

眉毛の形にも注意しなければなりません。
おでこ脱毛は眉上まで範囲に含まれている場合が多く、サロンまたはクリニックによっては眉上ギリギリのラインまでしっかり照射してくれます。

しかし、眉毛の形には流行があるので、細めに整えてしまうと後に太さ・高さ・長さを調整したくてもできなくなってしまいます。
ギリギリまで照射するのはあえて避けた方がいいでしょう。

前髪の生え際や眉毛の仕上がりイメージは、スタッフにしっかり伝えてくださいね。
おでこ脱毛の経験豊富なスタッフなら親身に相談に乗ってくれるはずです。

逆に、スタッフの対応に不安を感じるようであれば、他のサロンやクリニックでもカウンセリングを受けてみましょう。
より信頼できるところで脱毛すべきです。

脱毛前日は自己処理を忘れない

pixta_16141956_M

脱毛前日はムダ毛をシェービングしておかなくてはなりません。

腕や脚など、すべての毛を脱毛する部位なら剃り残しがあってもスタッフに処理をお願いできます。

しかし、おでこ脱毛は毛を残す部分と無くす部分があるため、スタッフに任せるのは不安ですよね。

前日に自分でチェックして、無くしたいところだけシェービングしておきましょう。

前髪の生え際の産毛をすべて処理すると不自然に見えるうえ、顔が大きく見える可能性がある
生え際のデザインに要望がある人はスタッフにイメージをしっかり伝える
眉毛には流行があるので、細めに脱毛するのはおすすめしない
おでこ脱毛は毛を残す部分と無くす部分があるため、事前のシェービングを忘れない

おでこ脱毛できるクリニック・サロンを紹介

ここからは、おでこ脱毛がおすすめのクリニックとサロンをご紹介します。

※料金はすべて税抜きです。

おすすめの医療脱毛クリニック3選

湘南美容外科クリニックレジーナクリニックリゼクリニックは、生え際も眉上もギリギリまで照射できて、しかも料金がリーズナブルなのでおすすめです。

また、3院ともおでこだけの部分脱毛または顔全体のセット脱毛に対応しています。

湘南美容外科クリニック
施術範囲ジェントルレーズなら生え際ギリギリ~眉上ギリギリ(眉間含む)まで照射可能だが、ウルトラ美肌脱毛は照射面積が広いのでギリギリまで照射できない。
脱毛機※ジェントルレーズ
ウルトラ美肌脱毛
(院によってはどちらか1機種のみの場合がある)
アフターケア炎症止めの軟膏を塗る
料金おでこ6回:26,620円
顔全体6回:46,000円

 

レジーナクリニック
施術範囲生え際ギリギリ~眉上ギリギリまで照射可能。
眉間は「おでこ」だけだと含まれないが「顔全体」には含まれる。
脱毛機※ジェントルレーズプロ
ソプラノアイスプラチナム
アフターケア炎症止めの軟膏を塗る
料金おでこ5回:27,000円
(追加1回:5,400円)
顔全体5回:84,000円
(追加1回:16,800円)

 

リゼクリニック
施術範囲生え際ギリギリ~眉上ギリギリまで照射可能。
眉間は「おでこ」に含まれる。
脱毛機※ライトシェアデュエット
メディオスターNext PRO
ジェントルヤグ
アフターケア炎症止めの軟膏を塗る
料金おでこ5回:27,592円
(追加1回:4,351円)
顔全体5回:92,407円
(追加1回:14,351円)


※医療レーザー脱毛機の違いについて知りたい方は『医療レーザー脱毛機の違いとは?脱毛効果や痛みを人気クリニックごとに比較』をご覧ください。

おすすめの脱毛サロン3選

人気No.1の脱毛サロンであるミュゼは、顔脱毛を行っていません。
また、最近はキレイモやシースリーのような全身脱毛専門のサロンが増えているので、部分脱毛できるサロンは意外と少ないです。

そんな中、ディオーネラココストラッシュでは、おでこだけの脱毛または顔全体のセット脱毛に対応しています。

ディオーネ
施術範囲生え際ギリギリ~眉上ギリギリまで照射可能。
眉間は「おでこ」に含まれる。
脱毛方式※ハイパースキン脱毛
アフターケア「顔全体コース」なら美白パック付き
料金おでこ12回:24,000円
(追加1回:2,000円)
顔全体12回:72,000円
(追加1回:6,000円)

 

ラココ
施術範囲生え際ギリギリ~眉毛より1cm上まで照射可能。
眉間は「おでこ」に含まれない。
脱毛方式※SHR脱毛
アフターケア抗菌・保湿鎮静ジェルを塗る
料金おでこ1回:3,000円
顔全体該当コース無し

 

ストラッシュ
施術範囲生え際ギリギリ~眉上ギリギリまで照射可能。
眉間は「おでこ」に含まれない。
脱毛方式※SHR脱毛
アフターケア保湿ジェルを塗る
料金おでこ18回:93,030円
顔全体該当コース無し


※脱毛方式の違いを知りたい方は『IPL脱毛とSSC脱毛の違いは?他にも脱毛法がある?効果や痛み料金を比較』をご覧ください。

おでこ脱毛するならレジーナクリニック・ディオーネ

おでこ脱毛の料金が1番安い医療脱毛クリニックは湘南美容外科ですが、2番目に安いレジーナクリニックなら最短8ヶ月で脱毛完了できるので早く脱毛効果を実感したい人におすすめです。

レジーナクリニックについては『レジーナクリニックは全身医療脱毛が最安値?!最短8ヶ月で脱毛完了!』で詳しくご紹介しています。

敏感肌の方は、肌に優しいハイパースキン脱毛を採用しているディオーネがおすすめです。

ディオーネでは『ディオーネは無痛で脱毛できるって本当?脱毛方法や効果、体験プランを紹介』でご紹介している通り、3,240円(税込)で顔脱毛を体験することができるので脱毛初心者さんも安心ですね。

レジーナクリニック