全身脱毛おすすめランキング!脱毛サロンは「安い」で選ばず比較しよう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Vラインを医療脱毛したい!人気の形や回数は?料金や痛み対策まで徹底解説


Vライン脱毛は今や女性にとって常識になりつつあります。

人気の脱毛専門クリニックであるリゼクリニックでも、Vラインは体験者数No.1の人気部位となっているんですよ。

そこで今回は、Vラインの医療脱毛をテーマに、料金や回数、注意点などを詳しく解説いたします。

最後におすすめの医療脱毛クリニックをご紹介いたしますので、ぜひクリニック選びの参考にしてくださいね(^o^)

Vライン脱毛の施術範囲

「Vライン脱毛」は具体的にどの範囲まで脱毛することができるのでしょうか。

Vラインとは両足の付け根あたりのビキニラインのことを指しますが、クリニックによっては身体を正面から見た時のアンダーヘア全体をVラインと呼ぶ場合もあるので確認が必要です。

事前に希望の仕上がりをイメージしておこう

pixta_25254545_M

Vライン脱毛は、クリニックによって“形を整えるだけのコース”“全体的に脱毛するコース”の2パターンに分かれている場合があります。

「全体的に脱毛する」というと、すべての毛を無くすイメージを持つ人が多いと思いますが、Vライン全体の毛量を減らしたり、デザイン性のある個性的な形に整えたりすることも可能です。

あなたはどんな仕上がりを希望していますか?
後から「思ってた形と違う・・・」と思っても手遅れなので、無料カウンセリング時にスタッフに仕上がりのイメージをしっかり伝えてくださいね。

人気のデザイン

image

海外では毛を全て無くすハイジニーナ脱毛をする女性が多いのですが、日本人女性にはあまり浸透していません。

小さめの逆三角形、縦長にスッキリ整えるI型角の無い卵型などが人気です。

自然で清潔感があり、温泉など公共の場にも気兼ねなく行けるデザインがおすすめです。

Vラインの仕上がりは自由に決められる
クリニックによっては形を整えるだけのコースと全体的に脱毛できるコースの2パターンに分かれている場合がある
日本人女性には小さめの逆三角形など自然な仕上がりが人気

施術回数は5回~8回が目安

Vラインを医療脱毛する場合、何回施術を受ければいいのでしょうか?

医療脱毛クリニックは1コースの施術回数を5回~6回に設定しているところが多いです。
個人差はありますが、5回ほど施術を受けると毛がほとんど生えてこなくなるためです。

ただ、完全にツルツルな状態にしたい方は5回では足りない可能性があるため、コース完了後も追加照射できるクリニックを選ぶと安心です。

Vラインの脱毛料金を比較

それでは、気になるVラインの脱毛料金をご紹介します。

ビキニラインだけなら椿クリニック

クリニック施術範囲コース料金追加1回の料金
椿クリニック中心部の横3cm×縦5cm内は照射不可22,000円/5回
31,000円/8回
湘南美容外科クリニック中心部の横5cm×縦8cm内は照射不可26,620円/6回5,620円
アリシアクリニック(ビューティーコース)規定の逆三角形プレートからはみ出た毛のみ27,500円/5回
39,600円/8回
52,800円/脱毛し放題
フェミークリニックビキニラインのみ40,000円/5回8,000円
クレアクリニックビキニラインのみ41,900円/5回9,300円
48,100円/6回
59,600円/8回

※税別

Vラインの形を整えるだけなら、料金が1番安い椿クリニックがおすすめです。

施術回数は3回/5回/8回から選べるので、しっかり脱毛したい人は8回コースを選びましょう。

Vライン全体の脱毛ならレジーナクリニックかアリシアクリニック

クリニックコース料金追加1回の料金
レジーナクリニック45,000円/5回7,500円
アリシアクリニック(スムースコース)45,800円/5回
66,000円/8回
88,000円/脱毛し放題
リゼクリニック55,370円/5回8,796円
フェミークリニック80,000円/5回16,000円
クレアクリニック117,000円/5回26,000円
134,159円/6回
166,400円/8回

※税別

Vライン全体を脱毛するならレジーナクリニックが1番安いです。
レジーナクリニックには5回コースしかありませんが、コース完了後も脱毛を続けたい場合は特別価格で1回ずつ追加照射することも可能です。

ただし、8回施術を受けるならアリシアクリニックのスムースコースを選んだ方が安く脱毛できます。

また、アリシアクリニックには脱毛し放題コースもありますので、とことん毛を無くしたい方におすすめです。

ビキニラインの処理だけなら椿クリニックが1番安い
Vライン全体の脱毛は、7回以下ならレジーナクリニックが1番安く、8回以上ならアリシアクリニックが1番安い

椿クリニック

Vライン脱毛は痛みが強い

Vラインは皮膚が薄いデリケートな部位ですし、毛が濃くて太いため、レーザーを照射する度に強い痛みを感じます。

実際にVラインの医療脱毛を体験した方の口コミを調べてみました。


こんな口コミばかり見たら脱毛するのが怖くなってしまいますよね(^^;)
しかし、痛みを緩和させる方法があるのでご安心ください!

【痛み対策1】麻酔を使用する

エムラクリーム

脱毛クリニックでは、脱毛の痛みが我慢できない方のために麻酔を用意しています。

使用する麻酔の種類や料金はクリニックによって異なります。

クリニック麻酔の種類料金
レジーナクリニック 笑気麻酔無料
クリーム麻酔
アリシアクリニッククリーム麻酔1部位1,000円
フェミークリニッククリーム麻酔1回2,000円
椿クリニッククリーム麻酔1回2,200円
湘南美容外科笑気麻酔1回3,000円
リゼクリニック笑気麻酔30分3,000円
クリーム麻酔1回3,000円
クレアクリニッククリーム麻酔1部位3,000円


笑気麻酔とはガスを吸入するタイプの麻酔で、ほわ~んとしたお酒に酔ったような状態になることで痛みを感じにくくします。

クリーム麻酔は皮膚表面に塗布するタイプの麻酔で、塗布してから30分経過すると感覚が鈍くなり、痛みを感じにくくなります。

麻酔は必ず必要なものではないので基本的に有料のクリニックが多いのですが、レジーナクリニックだけは無料で使用することができます!

【痛み対策2】蓄熱式の脱毛機を使用するクリニックを選ぶ

メディオスターソプラノ

最近、痛みの少ない蓄熱式の医療レーザー脱毛機を導入しているクリニックが増えてきました。

従来のショット式の脱毛機の場合、ターゲットである毛根にエネルギーが一点集中するため、照射する度にバチっと強い痛みを感じていました。

一方、蓄熱式の脱毛機は毛根ではなく毛を作る組織(バルジ領域や毛包)をターゲットにしています。
低出力のレーザーを照射して肌全体にじっくりとダメージを与えるしくみなので、熱を感じる程度で済みます。

さすがに無痛というわけにはいきませんが、ショット式に比べたら随分楽に脱毛できますよ。

脱毛方式ショット式蓄熱式
ターゲットメラニン色素(毛根)毛を作る組織
痛みレーザーを照射する度に強い痛みを感じる熱を感じる程度
毛質濃くて太い毛はの脱毛は得意だが、産毛の脱毛は苦手問わない
肌色肌のメラニン色素にも反応してしまうため、日焼け肌は施術不可問わない
効果約1週間後に毛が抜け落ちる毛の成長を止めて徐々に毛量を減らすしくみのため、効果の実感はゆっくり


蓄熱式の脱毛機のメリットは痛みが少ないだけではありません。
毛質を問わず脱毛効果がありますし、従来の脱毛機では対応できなかった日焼け肌でも脱毛可能です。

有名な蓄熱式脱毛機は『メディオスターネクストプロ』『ソプラノ』です。
リゼクリニック・クレアクリニック・レジーナクリニック・椿クリニックなどで導入されています。

「本当に痛くないの?」と気になる方は、無料カウンセリング時にスタッフにテスト照射をお願いしてみてください(^^)

VIOラインは皮膚が薄く、毛が濃くてしっかりしているので、他の部位に比べて痛みが強い
医療脱毛クリニックなら笑気麻酔やクリーム麻酔を使用できる
蓄熱式の脱毛機ならショット式に比べて痛みが少なく、熱を感じる程度で済む

※メディオスターネクストプロについて詳しく知りたい方は、『医療脱毛機メディオスターNeXT PROの効果は?痛みが少ない理由や感想を紹介』をご覧ください。

Vライン脱毛の注意点

続いては、Vライン脱毛をスムーズに進めるために注意して頂きたいことを3つご紹介します。

生理中は脱毛できない

生理中はデリケートゾーンの施術を行えないため、タイミング悪く生理と予約日が重なってしまった場合はキャンセルをしなくてはなりません。

ただ、当日キャンセルOKなクリニックは少なく、大抵のクリニックでは急なキャンセルを極力減らすためにタイムリミットとペナルティを設けています。

クリニック無料対応のタイムリミットキャンセルのペナルティ
アリシアクリニックなしなし
リゼクリニックなしなし
レジーナクリニック前日20時(診療時間内)まで当日は施術1回分消化
椿クリニック前日18時まで前日18時以降~当日は施術1回分消化
湘南美容外科クリニック2日前23時(総合フリーダイヤル受付時間内)まで前日・当日はキャンセル料3,000円請求
クレアクリニック2日前20時(診療時間内)まで前日・当日は1回分消化
フェミークリニック月~土は2日前20時まで
日・祝は2日前19時まで
前日は施術時間30分あたり1,000円請求/当日は施術時間30分あたり2,000円請求


キャンセル料の請求や回数消化を避けるためにも、生理周期をよく確認して予約を入れましょう。

生理不順の方は、アリシアクリニックリゼクリニックのように当日キャンセルOKのクリニックを選ぶことをおすすめします。

脱毛後は保湿ケアをする

pixta_29841508_M

脱毛後の肌は、水分が奪われて乾燥した状態になります。

乾燥して水分を失った肌は、脱毛機から照射された熱を吸収する水分が無いため通常時よりも強い痛みを感じます。
また、乾燥肌は光の伝導率が悪いので十分な脱毛効果を得られません。

そのため、脱毛中は肌の保湿が必要不可欠なのです。

Vラインの皮膚はデリケートなので、敏感肌用の保湿クリームなど低刺激なものを選ぶと安心です。

【Vライン脱毛の注意点まとめ】

生理中はデリケートゾーンの施術不可なので、予約を入れる際は生理周期をよく確認しよう
乾燥肌は痛みを感じやすい・効果半減などのデメリットがあるため、脱毛中は保湿ケアが必須

Vライン脱毛は椿クリニック・レジーナクリニックがおすすめ

今回はVライン脱毛をテーマに、必要な回数や料金、知っておきたい注意点などをご紹介しました。

総合的に評価すると、Vライン脱毛をするなら椿クリニックレジーナクリニックがおすすめです。

ビキニラインだけなら椿クリニック

feature

クリニック脱毛の料金麻酔の料金保有する脱毛機
椿クリニック22,000円/5回1回2,200円(ク)蓄熱式
湘南美容外科クリニック26,620円/6回1回3,000円(笑気)ショット式・蓄熱式(院によって異なる)
アリシアクリニック27,500円/5回1部位1,000円(ク)ショット式
フェミークリニック40,000円/5回1回2,000円(ク)ショット式
クレアクリニック41,900円/5回1部位3,000円(ク)ショット式・蓄熱式(蓄熱式はオプション)

※(ク)はクリーム麻酔、(笑気)は笑気麻酔です。
※料金は税別です。

ビキニラインだけ脱毛したい方は、椿クリニックがおすすめです。
料金が安いだけでなく、蓄熱式の脱毛機『ソプラノ』を使用しているので、比較的弱い痛みで済みます。

また、椿クリニックには初回限定のトライアルプランが多数あり、Vラインなら9,800円(税抜)3回分も脱毛体験することができますよ!

この機会にVラインの医療脱毛を始めてみてはいかがでしょうか(^^)

※椿クリニックについて詳しく知りたい方は『椿クリニックの医療脱毛を解説!ワキ脱毛し放題や全身脱毛の体験プランあり』をご覧ください。

 

Vライン全体ならレジーナクリニック

レジーナ

クリニック脱毛の料金麻酔の料金保有する脱毛機
レジーナクリニック45,000円/5回無料(ク/笑気)1~4回目はショット式、5回目は蓄熱式
アリシアクリニック45,800円/5回1部位1,000円(ク)ショット式
リゼクリニック55,370円/5回3,000円(ク1回/笑気30分)ショット式・蓄熱式(医師が決める)
フェミークリニック80,000円/5回1回2,000円(ク)ショット式
クレアクリニック117,000円/5回1部位3,000円(ク)ショット式・蓄熱式(蓄熱式はオプション)

※(ク)はクリーム麻酔、(笑)は笑気麻酔です。
※料金は税別です。

Vライン全体を脱毛したい方は、レジーナクリニックがおすすめです。
5万円以下
でV全体を脱毛できるクリニックはなかなかありません。

そして驚きなのが、笑気麻酔またはクリーム麻酔を無料で使用できるということです。
ショット式の脱毛機でも、麻酔を使えば痛みを緩和できますよ。

レジーナクリニックは北海道・東京・大阪・名古屋・福岡に合計10院展開しています。
Vライン全体をお得に脱毛したい方は無料カウンセリングを受けてみてくださいね♪

※レジーナクリニックについて詳しく知りたい方は『レジーナクリニックは全身医療脱毛が最安値?!最短8ヶ月で脱毛完了!』をご覧ください。